ソコロ通信編集部

2017.08.22.

ただ泣きたくなるの・・・Wannacryへの対策方法

 ランサムウェア「Wanna cry」って?

感染したパソコンをロック、暗号化して使用不可にするウイルスのことです。
元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する、困ったウイルスです。
ただでさえ、見知らぬメッセージが表示されるだけでビクビクするのに、
身代金を要求する画面なんかが表示されたら、それだけで泣いてしまいます。
遠い海の向こうの出来事ではなく、国内でも企業、個人ともに被害が出ています。
じつはあなたのパソコンにも潜んでいるかもsれませんが、とりあえずの対策としては以下のことが挙げられます。
  • 心当たりのないメールや添付ファイルは開かない
  • OSを最新のものにアップデートしておく。
  • ウィルス対策ソフトを最新状態にしておく。
  • 大事なデータはバックアップ。
「あんた、そんな初歩的な事しか言えんのか」
と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
イザというときにそんな初歩的なことができないから、振り込め詐欺の被害は減らないのです。
対策として重要なのは”大事なデータはバックアップ”することです。
こまめにバックアップさえしておけば、自分のパソコンが感染してデータが暗号化されようが、三枚におろされようが、
感染していない別のパソコンでデータを利用・閲覧することができます。
ランサムウェアに感染した場合、もしパニックにならなければ以下のことに気を付けましょう。
パソコンをネットからすぐに切断する
     ・・・・犠牲は自分だけに
身代金を払わない
     ・・・・払っても元に戻らない可能性があります。犯罪者の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
OS(ウィンドウズ)を再インストールする
     ・・・・ロックから復旧後パソコンが正常に動く保証がないため
データをバックアップから復元
     ・・・・ロックから回復してもデータは100パーセント元には戻りません
ここ数か月はランサムウェアの動向に気を付けたほうが良いでしょう。

2016.06.30.

パソコンの暑さ対策

今年の夏は”酷暑”といわれ、つらい季節になりそうですが、

パソコンにとっても夏はツライようです。

特にノートパソコンは、デスクトップに比べて冷却ファンが小さく熱が溜まりやすくなっています。

パソコン内に熱がたまると、突然電源が切れる、勝手に再起動する、エラーが頻発する、などのいわゆる「熱暴走」という症状が発生します。最悪な場合、パソコンが故障してしまいます。

やっぱり掃除が必要!!

環境にもよりますが、掃除をしていないパソコン内部はかなりの量の埃がたまっています。

特に通気孔や冷却ファンのあたりは、外気を吸い込むので、埃がたまりやすくなっています。埃がたまってしまうと、冷却効率が落ちて故障の原因になります。

パソコンは定期的に掃除することをお勧めしますが、

ノートパソコンの内部を掃除するときは本体カバーをあけ、いわゆる”開腹手術”をする必要があります。

できれば専門的な知識を持った人間にお願いするほうがよいでしょう。

2015.11.17.

今そこにある恐怖

無理やり感ハンパない、イイ夫婦の日がもうじきやってきます。

もちろん私にとっては誰に言われるまでもなく、毎日がイイ夫婦の日です。

とは言え平和な日々の中でも、背筋がゾッとするような恐怖を感じることがたまにあります。

妻とTVを観てたら、

「このヒト結構好きでしょ」

妻が私の女性のタイプを言い当てるのです。的を得ています。何故わかるのかと聞いても

女のカンよ」

答えになっているような、なっていないような。

男が一生かけて論理的に考えても、理解することはできないのでしょうね。

どんな悪霊や怨霊よりも、生きている女房の勘が私は恐ろしい・・・


今月の名言
精神科医というのは妻が無料でしてくれる回答を、高額でしてくれる人のことである。
(作者不詳)
2015年ソコロ通信11月号『編集長のつぶやき』より

2015.09.09.

実は口下手

 仕事柄、提案書等を作成する際にIT用語をカタカナで記載することがあります。

その中でいつも悩んでしまうのが、『communication』という単語。

『コミュニケーション』が正解なのか、それとも『コミニュケーション』が正解なのか。

この記事を書いている最中にも、訳が分からなくなる始末・・・

口に出して話すときは何となくごまかしているので気にはなりませんが、

イザ活字にしてみると、違和感が満載です。

しょうもないことで悩むと思われるかもしれませんが、

何分コミュニケーションが苦手なものですから・・・


今月の名言

     コミュニケーションで一番大切なことは、

     相手が口にしていない言葉を、聞き分ける力である。

     ピーター・ドラッカー(アメリカの経営学者)

2015.07.07.

ケジメ

 先日、思うところがあって髪を切りました。

六分刈りの坊主です。
風通しも良く、これからの季節には丁度良い髪型です。
ただ、行く先々で髪型を変えたワケを聞かれてしまいます。
様々な憶測が飛ぶ中、一番よく言われるのが、
「浮気がバレたんかね」
というもの。
決してそんなことはないのですが、そういわれるのも私の人柄なのでしょうか。
確実に言えることは、浮気がばれた場合、頭を丸めるぐらいでは済まされないということ。
冗談交じりに言っていただけるうちが華ですよね。
今月の名言
      清潔感のある髪型も時代とともに変わる
      田原祐子(日本の営業コンサルタント)
ページの先頭へ